看護師の給料はどのくらい?

看護師の年収は、平均して400〜450万円くらいです。 600万円くらいになると、かなり多い年収だと言えます。 700万円をもらっている方は非常に少数派となり、看護師長などの役職がつかないと厳しいです。現時点においては、500〜600万円台上限だと覚えておくといいでしょう。 給料は30〜40万円程度が一般的です。 それにボーナスが加わり、年収400〜450万円程度となります。

潜在看護師の活用を!

現在のサラリーマンの平均年収は400万円。バブルの時代は年収800万円とも900万円とも言われていましたが、今や600万円稼げればかなり多いほうです。 サラリーマンの世界では、男女の給料にはかなりの開きがあります。これは勤続年数の問題もあります。女性は結婚・出産・子育てにより、必然的に勤続年数が短くなり、収入がそれほど増えない現状があります。それに対して、看護師の仕事は若くして比較的高給を狙えます。 20代の女性看護師で年収500万円を稼いでいるケースもあります。 女性が今よりも高い給料を望むなら、看護師はうってつけの仕事だと言えます。 専用の求人情報サイトでは、年収を指定して仕事を探すことができます。 看護師求人の閲覧、キャリアアドバイザーへの相談はすべて無料となっているのが特徴です。